同志社大学生命医科学部医工学科 ティッシュエンジニアリング研究室

 


NEWS » 2016.6
角膜内皮障害に対して世界初となる培養角膜内皮移植を京都府立医大との共同研究として開始しています。本論文は、培養角膜内皮移植を行うための霊長類モデルでの前臨床試験を含む基盤的な技術を報告したものです。
研究室での研究成果が、実際に患者さんに届けるといういわゆるトランスレーショナル・リサーチという観点から非常に意義深いものと考えています。
» 2016.3
これまでにROCK阻害剤という薬物が、増えないことが広く知られている角膜内皮を増やす(増殖させる)ことが可能であることを報告してきました。本論文は、既に緑内障治療薬として点眼薬として市販されているripasudilが角膜内皮の増殖を促進させるということを動物モデルで示したものです。
できるだけ早期の薬物の開発に繋がる成果と考えています。
» 2016.3.24.
教員の奥村が台湾で行われた国際学会にてシンポジストとして角膜内皮再生医療に関して、特に世界初となる臨床応用の成果を発表しました。
» 2016.5.3
シアトル(米国)で行われたThe Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016 (ARVO)にて多くの研究成果を報告しました。ARVOは世界最大の眼科領域の特に基礎的研究に関わる学会です。世界の研究者と非常に活発な討議を行いました。
また、共同研究を行っている多くの外国人研究者と、直接会い今後の研究についての意見交換を行っています。 角膜再生医療を共同開発している世界最大のアイバンクであるSightLifeを訪問し、米国のみならず世界のアイバンクの現状について意見交換を行いました。
大学院生の尾形君、大西さんはARVOのtravel grantを受賞しました。おめでとうございます!!
PAGE TOP