同志社大学生命医科学部医工学科 ティッシュエンジニアリング研究室(視覚再生医療グループ)

 


HOMEメンバー紹介

ティッシュエンジニアリング研究室(視覚再生医療グループ)
のメンバー紹介

教員

 
教授  小泉 範子  Noriko Koizumi

医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医、
日本角膜学会評議員、日本眼感染症学会評議員
【主な担当科目】
学 部 : 生命医科学概論、医工学基礎実験、再生医科学
大学院 : 再生医療特論

1969年大阪府生まれ。大阪教育大学附属高校天王寺校舎出身。1994年京都府立医科大学卒業、京都府立医科大学眼科学教室に入局。ケルン大学眼科留学(フンボルト財団研究員)を経て、2003年より同志社大学再生医療研究センター助教授、2008年より同志社大学生命医科学部准教授、2010年より同志社大学生命医科学部教授。京都府立医科大学客員教授、京都大学臨床教授として、大学病院の角膜専門外来で診療を行う。生命医科学部で開発した再生医療技術を、臨床現場に橋渡しすることをめざしている。Forscungsforderungspreis der Deutschen Ophthalmologishen Gesellschaft(ドイツ)、Daiwa Adrian Prize(英国)、ベルツ賞1等賞(共同研究者)、ドイツイノベーションアワード、ARVO Foundation/Pfizer Ophthalmics/Carl Camras Translational Research Awards(米国)などを受賞。

 

 

 
准教授  奥村 直毅  Naoki Okumura

医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医
【主な担当科目】
学 部 : コンピュータプログラミング、医工学応用実験

1976年 大阪府生まれ
2001年 京都府立医科大学卒業
2001年 京都府立医科大学眼科学教室入局
2010年 京都府立医科大学大学院医学研究科博士課程修了

 

研究テーマは角膜内皮疾患に対する新規治療法の開発です。角膜内皮細胞は角膜の透明性維持に不可欠な細胞ですが、障害されると失明に至ります。角膜移植による治療が唯一の治療法ですが、我々は生体外で培養した角膜内皮細胞を移植する再生医療による治療法の開発と、薬物による治療法の開発を行っています。生体外で培養した角膜内皮細胞を移植する再生医療は非常に近い将来の実現化に向けて研究開発を進めています。また、薬物治療についてはRho キナーゼ阻害剤と呼ばれる薬剤を点眼薬として投与する世界初の治療法を京都府立医科大学で開始しています。これらの研究開発は、京都府立医科大学、製薬メーカーを始めとする複数の共同研究機関との連携のもとで進めており、実践的な産学連携の成功例としても評価されています。

 

 

 

 

連携教授

連携准教授

中村 隆宏

 

研究員

中原 マキ子
渡辺 恭子
上田 江美

 

大学院生(M2)

遠藤 眞子
林 良祐
東岡 航基
各務 貴斗
松本 大輝
奥田 浩和
大西 貴子
島田 知輝

 

大学院生(M1)

福井 佑弥
平井 真紀
廣野 雄祐
松本 紗季
大嶋 剛史
佐藤 正和
寺本 真隆
周 梦雪

 

学部生(B4)

森田 菜美
松尾 早希子
及川 栞奈
福島 健生
古澤 裕貴
今井 博文
角谷 紗織
金城 和輝
小林 弘明
小森 裕也
黒沢 哲太
宮城 尚子
中川 理咲子
中村 日菜美
中山 元太
田中 壽恭
徳永 歩
殿村 茂仁
山縣 茉莉
吉村 綾乃

 

共同研究員

坂本雄二(千寿製薬)

 

PAGE TOP