同志社大学生命医科学部医工学科 ティッシュエンジニアリング研究室(視覚再生医療グループ)

 


HOME教育・進路ガイド

教育・進路ガイドについて

学生の研究テーマ

【2016年度修士論文課題】
ヒト角膜内皮細胞培養におけるp38 MAPキナーゼ阻害剤の細胞老化抑制の検討
ウサギ角膜移植モデルにおけるドナー角膜内皮に対する炎症細胞浸潤の関与
フックス角膜内皮ジストロフィの病態に対する変性タンパク質の関与
フックス角膜内皮ジストロフィにおける遺伝子解析
オルソケラトロジーの近視進行抑制効果と波面収差の関係の検討
全脊椎椎間関節の生体内形態計測
結膜弛緩症が涙液破壊パターンに与える影響

 

【2016年度卒業論文課題】 (一部抜粋)
角膜内皮細胞基質間接着を制御する遺伝子の探索
フックス角膜内皮ジストロフィにおけるカスパーゼ阻害剤のアポトーシス抑制効果の検討
角膜内皮治療薬の開発を目指したアポトーシス抑制薬のスクリーニングによる検討
輪部支持型ハードコンタクトレンズが慢性期スティーヴンス・ジョンソン症候群の治療効果に及ぼす影響
新規角膜上皮治療剤の開発を目指した遷延性角膜上皮欠損モデルマウスの確立
ウイルス感染様刺激によるヒト角結膜上皮細胞の膜型ムチンの変化
O/Wエマルション法によるピマリシン徐放のためのPLGA粒子の作製
涙管チューブ挿入術における涙道内視鏡併用の有用性
網膜中心動脈径と脳動脈径の関連性の検討
涙液貯留量の評価法の検討
3Dプリンターを用いた新規眼内レンズ固定デバイス開発の試み
原発閉塞隅角症/緑内障における水晶体前面形状の研究

 

【2015年度修士論文課題】
Fuchs角膜内皮ジストロフィにおけるミトコンドリア障害と小胞体ストレスの関係性の解明
角膜内皮細胞におけるRhoキナーゼ阻害剤のアポトーシス抑制作用機序の解明
角膜内皮障害モデルにおけるRhoキナーゼ阻害剤点眼療法の有用性の検討
角膜内皮細胞移植の実用化を目指した培養基質と細胞注入液の開発
密度勾配遠心分離による高密度角膜内皮細胞の純化の試み
W/O/Wエマルション法による抗真菌薬徐放粒子の作製
ヒト角結膜上皮細胞に対する未分化性維持機構に関する検討
全脊椎3次元CTモデルを用いた椎体終板面積の生体内測定
全脊椎3次元CTモデルを用いた脊柱管および硬膜嚢の生体内形状解析

 

【2015年度卒業論文課題】(一部抜粋)
移植用培養角膜内皮細胞の冷蔵保存の検討
自動細胞密度測定プログラムの開発を目指した培養角膜内皮細胞の密度測定
Fuchs角膜内皮ジストロフィにおけるゲノム変異の検討
Fuchs角膜内皮ジストロフィにおける小胞体ストレスによるミトコンドリア障害の検討
Fuchs角膜内皮ジストロフィにおけるp38MAPキナーゼ阻害剤のアポトーシス抑制効果の検討
Fuchs角膜内皮ジストロフィにおけるTGF-βシグナル阻害による小胞体ストレス抑制効果の検討
緑内障手術による角膜内皮細胞密度への影響
眼組織におけるエストロゲン受容体の同定の試み
ウイルス感染様刺激によるヒト角結膜培養上皮のバリア機能の変化
輪部支持型ハードコンタクトレンズがスティーヴンス・ジョンソン症候群の眼所見に及ぼす影響
眼瞼下垂症、眼瞼皮膚弛緩症における手術前後の涙液貯留量の変化に対する検討
全層角膜移植後に施行されたトラベクロトミーの角膜内皮細胞密度への影響
日本人健常者における水晶体前面形状定量化の試み
脳小血管病における網膜血管径との関連性の検討

 

【2014年度修士論文課題】
Cell Surface Markers of Functional Phenotypic Corneal Endothelial Cells
Epithelial Mesenchymal Transition Inducer Genes Regulate Excessive Production of Extracellular Matrix in the Fuchs Corneal Dystrophy Cellular Model
ROCK阻害剤を併用した培養角膜内皮細胞移植におけるラミニン511‐E8フラグメントの有用性
眼瞼下垂手術後半年間における涙液貯留量の変化
角膜上皮におけるR‐spondin1の機能解析
フックス角膜内皮ジストロフィにおける遺伝子解析

 

【2014年度卒業論文課題】
正常眼圧緑内障患者における網膜血管径の検討
IVAN血管計測システムを用いた網膜血管径の季節変動の検討
小学生におけるオルソケラトジーの近視進行抑制効果の検討
日本人健常者における視神経乳頭サイズと乳頭回転角の検討
フックス角膜内皮ジストロフィにおけるTCF4遺伝子の解析
ウサギ角膜内皮障害モデルを用いた培養角膜内皮細胞移植の術式検討
人間ドック受診者における年齢・性別による網膜血管径解析
衝動性眼球運動による涙液層動態への影響の検討

【2013年度修士論文課題】
培養角膜内皮細胞移植の臨床応用に向けた非臨床試験
培養鼻粘膜上皮シートを用いた難治性眼表面疾患に対する再生医学的治療法の開発
角膜における炎症細胞の生体4Dイメージングを用いた動的解析
Rhoキナーゼ阻害剤徐放のための乳酸グリコール酸共重合体粒子の調製
角膜内皮再生医療における細胞培養法の高効率化におけるラミニンの有用性

 

【2013年度卒業論文課題】
角膜内皮の細胞機能に対するTGF-βシグナルの影響
ドライアイにおける涙液層破壊時間の評価と各方法の関連性の検討
小児におけるオルソケラトロジーの有効性および安全性の検討
眼瞼下垂手術が自発性瞬目に及ぼす影響
緑内障治療に対するドラッグデリバリーシステムの開発
LPSならびにpolyl:C点眼に対する眼表面での自然免疫機構の解析
難治性眼表面疾患に対する培養鼻粘膜上皮シートの移植術の開発
角膜内皮細胞の基質接着性制御を可能とする薬物スクリーニング系の構築
ラミニンの角膜内皮細胞の培養基質としての有用性の検討
培養角膜内皮細胞の細胞密度が細胞機能に与える影響
緑内障患者における網膜神経節細胞複合体厚層と網膜外厚層の検討

【2011年度卒業研究課題(一部)】
ウサギ水疱性角膜症モデルを用いた培養角膜内皮細胞注入療法の開発
脱落膜由来間葉細胞を用いた角膜内皮細胞培養法の開発
生体適合性高分子を用いた選択的Rhoキナーゼ阻害剤徐放化の検討
新規角膜再生医療を目指した培養鼻粘膜上皮シートの作製
LysM-GFPマウスを用いた角膜炎症における好中球の動態解析
EDI-OCTを用いた眼圧変動に伴う脈絡膜厚変化の検討
瞬目高速解析装を用いた新しいパーキンソン病診断法の開発
涙液動態に基づいたドライアイの病型分類

【2010年度修士論文課題】
選択的Rhoキナーゼ阻害剤を用いた角膜実質混濁治療薬の開発

卒業生の進路

生命医科学研究科(医工学コース)修了生

〈2016年度〉
(株)堀場製作所、(株)日立製作所、小林製薬(株)、(株)ニトリ、パナソニック(株)、
関西酵素(株)、アリババ(株)

〈2015年度〉
武田薬品工業(株)、小野薬品工業(株)、ライオン(株)、アルフレッサファーマ(株)、 パナソニックヘルスケア(株)、
パナソニック(株)、 (株)堀場製作所、(株)シード、(株)ザクティ

〈2014年度〉
(株)資生堂、小野薬品工業(株)、ジョンソンエンドジョンソン(株)、 (株)シード、パナソニック(株)、Ernst&Young Advisory(株)

〈2013年度〉
TEVA製薬(株)、(株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)、 JCRファーマ(株)、(株)シード、(株)ニデック

〈2010年度〉
千寿製薬(株)

研究室の特徴

本研究グループの特徴は、医学、工学、理学等の異なる専門領域での研究歴を有するメンバーが、互いの知識を共有し協力しながら、新しい再生医療技術の開発に取り組んでいることです。
現在、本研究室には2名の教員、18名の学部4年生(卒業研究生)と15名の大学院生、3名の研究員・研究補助員と外国人博士研究員、研究室秘書が在籍し、国際的な研究室となっています。
本研究室の教員は、京都府立医科大学で客員教員として診療に従事する現役の眼科医です。同志社大学の研究室で得られた研究成果は、患者さんの治療に応用することを目的とすると同時に、診療の現場で必要とされている研究ニーズを、大学研究室に持ち帰る橋渡し的な役割を担っています。


国際的にも先進的な研究

研究室では京都府立医科大学との様々な研究チームとの共同研究に加え、複数の海外の研究機関との共同研究を行なっています。短期・長期を問わず、国内外の研究機関の交流が活発ですので、研究に関する専門性、独創性のみならず、社会人としての振る舞い、国際性を学ぶことができます。実際に、研空室の学生には、日常的に行われる外国人研究者とのディスカッション、積極的に進めている国際学会での研究発表、留学などを通じて、ロジカルに英語で話す習慣を身につけてもらっています。


産学連携の推進

複数の製薬メーカーとの共同研究を行なっており、産学連携の成功例としても評価されています。産業化を目標とした研究開発の最前線、産学連携の実際の現場に携わることができ学部生、大学院生にとって貴重な経験を積むことができます。


学生に向けてのメッセージ

研究の先進性、国際性、問題解決能力の育成を主たる教育目標として、21世紀の社会でリーダーシップを発揮できる人間の育成を目指しています。世界に出ていくという大きな目標、気概のある学生の到来を期待しています。

卒業生からのメッセージ

小泉研究室で学んだ卒業生の「研究生活レポート」です。

生命医科学研究科 医工学コースの卒業生の声を紹介します。

PAGE TOP